【保存版】3分でわかるL / Rの区別

 

日本人には鬼門といわれているLとRの区別ですが、コツを知ってしまえば「意識して」発音するのは比較的簡単です。文中で自然に発音するのは難しいですが、違いを意識して辛抱強く練習しましょう。


■LとRの発音の違い

1. Lの発音

カタカナの「らりるれろ」に近い音です。
舌を上歯につけて口を横に開き、舌の側面から発音しましょう。 

 

2. Rの発音

日本語にない発音です。「ぅ」の口の形から助走をつけて発音しましょう。舌先はどこにも触れず、浮かせます。以下、「ぅ」のイメージをもってもらうために、例は"W"の言葉を選んでいますが、語頭に"W"がついても"R"と同じ音になります。

 

3. L / Rの復習

見本の音声を再生したあと、Repeatして確認しましょう。 


いかがでしたか? あとは慣れの問題です。たくさんの音に触れて、少しずつ慣れていきましょう。